本当に儲かる情報集(辛口)

パソコンやスマホを使ってお金を稼ぐための情報をお届け。辛口なので読んでてしゃくに障るようなことも平気で言いますのでご注意を

なぜ本を読め。なのか?

「お金持ちは本を読む習慣をつけている」とか「本を読まなければ1人前にはなれない」などととにかくまあ「本を読め」という声が多い。おそらくあなたの耳にはタコが出来ているだろう。
でも何で本を読まなければならないの? 今ならネットで全部無料で見れるんじゃないの? と疑問に思ったこともあると思う。今日はその辺の解説をしたい。


そもそも金持ちだって人だから「公開したくない情報」というのは必ず持っている。
商売のタネになるようなコアな情報なんかはタダで公開したらライバルがボコボコ増えてしまうのを恐れて隠したがるものなのだ。
しかし、その情報をお金を払った人だけに公開してもいい。となると金持ちは渋々了解してくれるものだ。

 

ただし、そのままだったら何百万、何千万という途方もない金が必要になる。何せ金持ちの商売のタネだ。それだけの価値はある。そこで本という媒体の登場だ。
仮に、1000万円の価値がある情報があったとしよう。それをそのまま1人に渡すとなると1000万円払わなくてはならないが、それを本という形にして、1万人からお金を集める。となると1人当たりの負担額は1000円になる。もし10万人なら100円で済む。多くの人に情報をいきわたらせるとなると1人当たりの負担額は下がるのだ。


もちろんこれは分かりやすくするためにかなり簡略化、及び単純計算をしたもので実際には出版社側の費用や印税割合などなどともっと複雑になるが今回は省いている。でも概要は分かると思う。
独り占めしようと思ったら何百万、何千万もする情報が本という形なら高くても2千円以下、もっと安いと数百円で手に入るとなるずいぶんとお得だとは思わないだろうか? 本を読めというのは何百万、何千万もする情報がほんの2千円以下で手に入るからなのだ。
ちなみに、本とは別の形である情報提供の場として現在では有料メルマガやオンラインサロンというのがあるがそれらは基本少人数であるほど高額であるのはそういう理由もあるのだ。

 

だから本を読みましょう。
……で締めてもいいが「本を読む時間なんて無いんだ!」という人もいるかもしれないのでもう少し話を長くする。


「本を読む時間なんて無い!」というのは言い訳に過ぎない。朝にスケジュール帳を開くと分単位でびっしり夜までスケジュールが埋まっている社長でもない限り当てはまらない。時間なんていくらでも作ることが出来るのだ。

「そんなのウソだ!」という声があるかもしれないので2つほど時間を作る例を紹介する。


本を読む時間がないというのなら会社に本を持ち込めばいい。
昼休みが45分あったとして、仕事場から社員食堂への移動に往復で10分使い、15分で飯を食えば20分の自由時間が手に入る。

あるいは会社帰りにスタバなり図書館に寄って30分、本を読むことに集中するのもいい。家だとどうしてもサボりたくなる誘惑が多くなるのでそれが無い所がいいのだ。

 

こんな感じで文字通り分刻みの超過密スケジュールを組んでいる人でもない限り時間はいくらでも作れる。
「時間がない!」と嘆く暇があったら頭をひねって時間を作り出す方が何十倍も建設的だ。「時間がない! 時間がない!」って駄々をこねても誰もお前なんかに時間をくれる人はいないんだ。
おっと。我ながら今いい言葉が思いついた。
『「時間がない! 時間がない!」って駄々をこねても誰もお前なんかに時間をくれる人はいない』んだ。
覚えといてね。

ガチャも愚者への税金である

見聞の広いあなたなら「宝くじは愚者への税金である」という言葉を聞いたことがあるかもしれない。

いくら一等の賞金が高くても当選確率が1000万分の1とか2000万分の1と低すぎてとてもじゃないが当たらないから買うだけ無駄という忠告を込めてのメッセージだ。

ちなみに1000万分の1という確率は「サイコロを9回振って9回とも1が出る確率」とほぼ同じだそうだ。(約1007万分の1)

 

そんな「愚者への税金」だが、いわゆるスマホゲームに搭載されている「ガチャ」も宝くじと同じくらい、究極の無駄遣いだと思う。

仮にSRでもSSRでもレジェンドレアでも何でもいい。最高レアリティのカードが1%の確率で出るガチャがあったとしよう。

「100回引けば1回は当たりが出るんじゃないの?」と思うかもしれないがそれは間違いだ。確率1%のガチャで1回引いて当たらない確率「1-0.01」つまり99%だ。「100回引いても1回も当たりが出ない確率」「0.99の100乗」で計算でき、結果だけ出すと約37%となる。つまりは3人に1人は100回引いても1回も出ないのだ。ちなみに「458回」引いても全体の1%の人は当たりが来ない計算になる。

 

ガチャ100回を金額になおそう。1ガチャ300円、10連続引くと3000円になるとすると3人に1人は3万円払ってもお目当ての物が手に入らないのだ。バカバカしいと思わないだろうか?

これが本なら1冊2000円とかなり高額に設定したとしても(実際には中古本や、出てれば文庫本で買えばもっと安く済む)15冊は買える。それだけ本を読めば常人からすれば十分雲上人になれるくらいの知識はつく。その機会をドブに捨てて当たるかどうかも分からないギャンブルに注ぎ込むのは愚策以外のなんであるか教えてほしい位だ。

 

「宝くじは愚者の税金である」というのは昔からあるが現代ではそれに加えて「ガチャも愚者への税金である」と言ってもいいだろう。それくらい勝算の低い賭けだ。知っててやるなら止めないが知らないでやるのならやめておいた方が良いだろう。

マネーファースト(カネ第一主義)であれ。

正直一般人は「金の亡者」になった方が手っ取り早く幸せになれる。
というのも、一般人の悩みは「ほぼ全て」カネで解決できるものだからだ。

 

物欲はもちろんカネで解決できるし(浪費「しすぎる」と悲惨な事になるが)、安心だって保険や個人年金、ホームセキュリティという形で買える。
健康もカネである程度は何とか出来るし、恋愛もカネがあれば幅は広がる。
友人に対しても、おごってもらうばかりじゃ嫌な顔をされる一方で、気前よくカネをばらまきゃいい顔してくれる。
一般人が考える幸せはほぼ全てカネが関わってるのでカネさえあれば幸せになれるのだ。


ここから先は非常に重要な事になるが、「心の健康」もお金があれば解決するのだ。ただたくさんのお金があるというだけで人は安心できるのだ。
誰だって月末の空っぽになった財布を見るとみじめな気持ちになるし、給料日になってカネで満たされた財布を見ると喜びを感じるものだ。
カネがないと常に心が不健康な状態になってしまうのだ。

 

特にこの貧困がもたらす心の不健康というのは非常に厄介で、一言で言えば精神をメチャクチャに侵す。性格を暗く卑屈なものに変え、思考回路をますますカネから遠ざかるものに作り変えてしまう。貧困は精神すらズタズタに破壊してしまうガンにも匹敵する、いや即座に死に至らないからガンよりも恐るべき病なのだ。

 

実際日本人は20年以上続く不況で精神はすこぶる悪くなった。

togetter.com

(グロ画像などではないが、閲覧注意)
見てて本当に胸糞が悪くなるが、ほんの1年前(現代日本の出来事だ!)障害者施設で19人を殺害するという凄惨を極める事件を見て「障害者は殺すべきだ! 良くやった!」と賛辞を贈るくらいである。
貧困は高潔な日本人の誇りを粉微塵に破壊し、19人もの罪なき人を殺めた上に犯行後「世界が平和でありますように。Beautiful Japan!」なんていうふざけたことをほざく狂人を賛美する卑しいヒトモドキに変えてしまうのだ。


こういうと「お金で買えないモノだってある!」と反論する人が必ず出てくるだろう。
だがそれは「お金で買えるモノを全部買った後の金持ちが言うべき言葉」であって、貧乏人が言うべき言葉ではない。
貧乏人が「お金で買えないものがある」と言っても説得力は0である。
繰り返す。「貧乏人が「お金で買えないモノだってある」と言ったところで説得力は皆無」だ。
「カネで買える物すら買えずにいるお前が言っても何の説得力もない」のだ

 

それは例えて言うならアルコール中毒になってる奴が「酒を飲まないと本音でコミュニケーションできないから」なんていう馬鹿げたことを言いながら酒を飲んだり、
体重が120キロを超えてるデブが「ダイエットしたところで何になるっていうんだい?」等とわめくのと一緒で、ネタというネタが全てスベりまくって会場が白けきってる漫才よりも笑えない惨めなものだ。


カネというのは「ただあるだけで安心できる」という素晴らしいものなのだ。
「カネだけしかない」状態は「カネすらない」状態よりもはるかに健康的で衛生的なものだ。
まずは「カネしかない」生活に改めるのをお勧めする。

きちんとした英語でなくても全然通じる。

日本国内の人だけを対象にするサービスと英語圏内の人を対象にするサービスでは、当然後者の方が需要は多い。
資料にもよるが英語が母国語の人はおよそ4億人ほどいて、単純計算で日本語圏(1億2千万)のおよそ3倍強いる計算になる。
第二言語に英語が採用されている国を合わせると膨大な数になるだろう。

 

とはいうものの、英語を使うとなると二の足を踏んでしまう方はかなり多いだろう。
そんなあなたに朗報だ。
結論から言うと、メールでのやり取り程度なら英語の語学能力は「一切無くても」大丈夫である。
具体的に言うとピコ太郎の「あいはぶあぺん」の意味が分からないレベルでも全く問題ない。
と言うのも、グーグル翻訳にぶち込んだ英文でも全然伝わるからだ。


……勘のいい人なら気付いたかもしれない。今さっき私が「全然伝わる」という「正しくない」日本語を使った事に。タイトルも「全然通じる」なんていう正しくない日本語を使ったけど、言いたいことは分かると思う。それと同じで言いたいことが伝われば機械翻訳したぐっちゃぐちゃな英語でも全く問題ない。
どうしても不安なら「I'm living in Japan(日本で暮らしてます)」って言えば相手は日本人=英語圏外の人間だというのは分かってくれるだろう。

 

実際eBay(アメリカのオークションサイトで、日本で言うヤフオクよりもすごい超大手。もちろん使ってる言葉は全部英語)を利用した時では

出品者に対して日本語をグーグル翻訳で英語に訳した文章を送りつけたが「お前の英語おかしいぞ!」と突っ込まれることは一切なく、全く問題なく取引出来た。


機械技術が発達したおかげで物理的な言語の壁はもはや蜃気楼同然だ。言語の壁というのはもはや過去のもの。
あとは精神的な言語の壁を超える事さえできれば富を得ることが出来る……かもしれない。
少なくとも英語を見ただけで「NO ENGLISH!!」と叫ぶ英語恐怖症の日本人に比べればずっと優位に立てるはずだ!


ちなみに、グーグル翻訳を使う際には文章を箇条書きにした方が伝わりやすいかと思う。
長文になるとどうしてもおかしな英語になってしまう可能性が高いので、
少しでもまともに見える英文にしたければあらかじめ文章を箇条書きにしておいた方が良いだろう。

お金持ちのルール

「バスケットボールは卑怯だ! 1度に1点しか入らないサッカーと違って1度に2点も3点も入る! バスケやってる奴は1回サッカーの得点の希少さと点を取る苦労を味わってみろ!」

 

こんな怒号をバスケットボール選手に向かって飛ばすサッカー選手がいたとしたらあなたはどう言うでしょうか?
「そりゃお前バスケとサッカーじゃルールが違うからしょうがないじゃん」と言うと思うでしょう。
しかし、お金稼ぎに関してはこの滅茶苦茶なことを言っているサッカー選手が大勢います。


お金持ちがお金持ちでいられるのは稼ぎ方のルールが違うというのが大きいです。
複利を活かす。
・仕事を続ければ続けるだけ「勝手に」付加価値がついてより稼ぎやすくなる仕組みを作る。
・自分がいなくても仕事が回る仕組みを作る。
といった感じで会社で働いてる人とはお金を産み出す法則がまるで違うのです。

 

それを知らずに「金持ちは卑怯だ! 金持ちは貧乏人から搾取したカネでシャンパン開けてキャビア食ってベンツやプライベートジェット乗り回してるんだ!」と本気にし
ろ冗談にしろ言うのは、サッカー選手がバスケットボール選手に向かって「俺達は一度に1点しか点が入らないのにお前らは一気に2点も3点も入るから卑怯だ!」なんて
いうのと同じくらい的外れです。

ではそのお金持ちが使っているルールをご紹介しましょう。

 

ふくりの ちからって すげー!

 

かの有名なアルバートアインシュタイン「人類の発明の中でもっとも偉大な物」と称賛した複利を活かせば莫大な富を築くことも可能です。
例えば10万円を月利20%の複利で運用すると1年で約89万円、2年だと実に795万円にまで膨れ上がります。
一方単利だと1年で34万円、2年で58万円にしかなりません。


月利10%だとしても複利だと1年で31万円、2年で98万円にまでなります。
単利だと1年で22万円、2年で34万円にしかなりません。

 

個人的に、複利を活かしやすいのは「せどり」と呼ばれる国内(国外)の商品を国外(国内)へと輸出(輸入)するネットビジネスです。
上がった利益を使うのではなく商品の購入代金に再投入することで複利の力を使うことが出来ます。


やればやるほど魅力的。

仕事を続ければ勝手につく付加価値の1つは例えばお客様の声お客様の声というのはスタッフの声より最低でも10倍はパワフル(当社比)でこれを効率よく集められる
仕組みを作れば後はそれを回してるだけでほぼ自動的にお客がお客を呼ぶ正のスパイラルを産み出せます。
例えばお客様の声を出してくれたら次回購入する際に使える割引券を渡す。とかね


俺をクビにする


自分がいなくても仕事が回る仕組みと言うのは「隣町に水を運ぶ仕事」で例えるなら「バケツに水を汲んで運ぶ」のではなく「水道管を敷設する」事です。
一度設置すればあとはメンテナンスだけしていればあなたが寝ている間も水を運び続けてくれます。時間は1日につき「たった24時間しか」ないので時間給では稼げる額
にどうしても限界が来ます。
このような「自分がいなくても仕事が回る仕組み」言い換えれば「自分を仕事からクビにしていく」事で自由な時間とお金の両方が手に入るわけです。


「金持ちは卑怯だ! 金持ちは貧乏人から搾取したカネでシャンパン開けてキャビア食ってベンツやプライベートジェット乗り回してるんだ!」
と言いたくなる気持ちは分かります。分かりますがそんなこと言ってもルールが違うんですから仕方がないじゃないですか。
それよりも金持ちのルールで稼いでやろうと思う方がよっぽど建築的だとは思うのですが、あなたはどう思いますか?

本を読める=異常

成功者は本を読んでいるというのは有名だが、そもそも「本を読める」という時点でストレートに言ってしまえば「異常」な人間なのである。
普通の人間は「本を読む=苦痛」なのだ。

 

何故なら子供の頃ちっとも面白くない教科書や、全然読みたくもない読書感想文の課題書を無理矢理読まされる一方で、読みたいマンガは禁止。
という生活を小中高の12年間もの間過ごしたせいで、本=苦痛というのが脳に刷り込まれているのだ。
実際私も宿題でこれっぽちも楽しくない国語の教科書を何回も読まされたため教科書なんてクソくらえである。


それは違う。という方もいるかもしれない。(特に教育にうるさい方は)
じゃあ聞かせてもらうがそう言うあなたは子供のころ読んだ読書感想文の課題書を今でも持っているだろうか?
さらに言えば、「教科書読むのが楽しいので今でも読み返している」だろうか?
日本人は現時点で1億人程いるのでそれだけいれば100%いないとは断言できないが、いるとしたら極めて少数派だろう。
なので本を読むという習慣さえつければ圧倒的優位に立てるのだ。みんな本なんて読まないんだもの。


ではその肝心な読書習慣をつけるにはどうしたらいいか? となるとこれはもう「個人による」としか言いようがない。
方法なんてネットで検索すれば試しきれない程たくさん出てくるので各自試してください。
……と言って終わらせると逃げたと思われるので1つだけ教えておく。

 

それは「毎日2ページだけでもいいから読むこと」である。
どれだけ疲れていても、どれだけ嫌いな本だとしても、1日に2ページなら5分もあれば読めるだろう。
ここで肝心なのは「毎日続けること」毎日続けることで本を読む習慣をつけることが出来るのだ。
0ページを2ページに増やすのはキツイが2ページを10ページに増やすのはそう難しい事ではないのだ。

 

ただし最低でも3ヵ月は続けてほしい。どんな小さい事でも日々の習慣になるにはそれくらい時間がかかるのだ。
3ヵ月というと気が遠くなる話かもしれないがノルマは1日2ページだ。それくらいなら出来そうと思うだろ?

脳トレ

今回はちょっと脳トレみたいなやつです。

 

やる事は簡単です。

 

「3秒で」

「2000円のお弁当を」

「安い」と思わせなさい。

 

というものです。

何があるか考えてみると頭の体操になるでしょう。

 

 

ちなみにこちらのサイトには模範回答12例が掲載されています。

2000円の弁当を3秒で「安い」と思わせなさい。 – お金持ちになる方法